いつも はっぴぃ らいふ happy2dax.exblog.jp

冬姫(fuyuki)の日記。愛犬のこと、美味しいもの、日常のことをつづっていきます。


by love2dax
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

モスとミスドのコラボメニュー。前回が2009年なのでずいぶん久しぶり。

今回はモスがフレンチクルーラー、ミスドがライスバーガーでそれぞれ食事系とデザート系の2種類が発売されています。
モスがフレンチクルーラーを作っちゃいました!のフレンチクルーラーぐるぐるチョリソ
フレンチクルーラーの間にはぐるぐるにまかれたチョリソ・トマト・レタス・ホットチリソースなどがはさまれています。
d0115106_657582.jpg箱入りバーガー。

d0115106_65720100.jpg
d0115106_6573085.jpg
中はこんな感じ。袋にはモスおなじみ(?)のたっぷりソースが透けて見えます。これをポテトやオニオンリングにつけると美味しいのですよね~。

バンズ代わりのフレンチクルーラーはチョリソの熱のせいかふにゃんとしています。テイクアウトだったのですが、出来立ては違うかな?食べるときにずるっとすべるので注意が必要かも。ぷりぷりチョリソ、チリソースは美味しいですが、フレンチクルーラーとの相性は・・・

モス&ミスドコラボメニュー面白かったです。年に1度くらい出ないかな~。ごちそうさまでした。
[PR]
by love2dax | 2014-05-31 06:58 | 食 その他 | Trackback | Comments(0)

ソンポーンへGO!

d0115106_11204270.jpg段々暑くなってきましたね~。暑くなるとすかーんと辛い物を食べたくなります。
おなじみの浅草ソンポーンへ行ってきました。
とりあえず友人一人来たので先にかんぱ~い。

私が行くタイ料理屋は大体決まっているのですが、注文はほぼ「お任せ」。ヤム系(サラダ、和え物)・ガツンと肉・ゲーン系(汁物)とおおまかな希望を出して作ってもらいます。
そうするとそのときある材料で、お勧めの料理が登場。

今回は。
d0115106_11124554.jpg
ヤム タレー(海鮮サラダ)でスタート。甘(い)辛(い)酸(っぱい)のタレがうまし。
d0115106_11131279.jpg追いパク。

d0115106_11145058.jpg
d0115106_11151033.jpg
ムーヤーン ナムトック。目に優しい緑の下には肉!程よい脂加減と辛みのあるタレ・・・麦酒ごくごくいってください。
d0115106_11135245.jpg
d0115106_1114569.jpg
ゲーン カヌン(ジャックフルーツのスープ)。豚軟骨も入っているのですが、コリコリの食感が良い。よ~くかんで噛んでいただきましょう。喉に来る辛さも素敵だ~、とスプーンが止まらない。
d0115106_11171521.jpg
春雨系が食べたい、とラープ ウンセン。さっぱり春雨とひき肉、スパイスが絡んでアロ~イ♪
d0115106_1117551.jpg
d0115106_1118822.jpg
〆の麺はカノムチン ナムヤー プラー。すりつぶした魚とココナッツミルクなどを合わせたスープをカノムチン(米でできた素麺のような細麺)と一緒に食べます。ちゅるちゅるんと胃の中へ。

良く食べました、ごちそうさまです。
[PR]
by love2dax | 2014-05-29 21:34 | 外ご飯(タイ料理) | Trackback | Comments(0)
毎年5月のお楽しみ、といえば代々木公園のタイフェスティバル。そしてワサナ先生のタイ料理教室!
去年は予定が合わなくて参加ができませんでしたが、今年はルークチュップの教室がある~♪これはなんとしてでも参加しなくては。
d0115106_10403031.jpg
ルークチュップ:タイの伝統菓子の一つ。フルーツや野菜をミニチュアにしたような生菓子で、と~ってもかわいらしく見た目も鮮やか。
皮をむいた緑豆とココナッツミルクであんを作り、色づけ、周りを寒天でコーティングします。
d0115106_10374093.jpg
まずはパッタイのデモンストレーションから。
麺を戻して、具材を炒めて麺を入れて調味して。あっという間に出来上がり。焼うどんや焼きそばのように簡単にできます。
お次は、お待ちかねルークチュップ。こちらは先生のお姉様のピー トイ担当。
d0115106_10375869.jpg
蒸した皮むき緑豆をココナッツミルクと共に練ってあんを作ります。ここですでに美味しい。だってタイのあんこですから。
出来上がったらティアン オップ(蜂蜜・黒糖・ハーブなどでできた香りづけのろうそく)で香りづけ。
d0115106_10383931.jpg形を作って。色を付けて。今回は唐辛子、マンゴスチン、マンゴー、チョンプー(ローズアップル・蓮霧)・・・マヨム!?マヨムはスグリの一種で和名アメダマノキというそうです。
と~っても酸っぱくてシロップか何かに漬けてあるのは知ってるけど、おそらく日本での認知度は低い気も。なぜにマヨム(笑)

あーだこーだ言いながら、楽しく手を動かします。

d0115106_1040455.jpg乾いたら寒天でコーティングしてつやを出します。再度乾かして。
出来上がり~。ぶちゃいくながらも自分の子はかわいい。
手前のがワタシ作。なぜ数が少ないかというと、後ろの盛り付け用にエキストラ採用されたから。

d0115106_10405721.jpg
コーティングのぷちっとした食感の下のあんはココナッツの風味がする優しい甘さのあんです。
このお菓子はタイの屋台でもたまにみかけますが、デパートにもおいてあります。と~ってもきれいなのでぜひぜひ現地で探してみてくださいませ。

ワサナ先生は長く日本に在住していたので日本語もぺらぺら~。お料理も基本は徹底しながらも、「日本では~」と日本で手に入る食材での調理法も教えていただけるので、家でも作りやすいのが魅力。

日本でのお教室にも空きがあるようなので、興味を持たれた方はこちらへ
 → 竹下ワサナのタイ料理教室

[PR]
by love2dax | 2014-05-25 07:54 | 料理教室 | Trackback | Comments(0)
フクナガのチェリーパフェ始まってますよ~。
d0115106_9493210.jpg
季節のパフェの中でも上位に入るお気に入りのアメリカンチェリーのパフェ
(photo:ヲトメver.)
へ~鉄分も含まれているのですね。他にもポリフェノールやビタミンなど小さいながらも栄養バランスが良いフルーツだそう。サプリは苦手(というか、飽きるし飲み忘れちゃう・笑)なのでできれば自然の食物から美味しく摂取したい。
d0115106_9501621.jpg
d0115106_9502822.jpg
アメリカンチェリーの果肉はみっちりぎゅっと詰まっていて。マスター手作りのシャーベットは甘酸っぱくて、ミルクアイスのほんのりした甘さとよく合います。
一口一口味わって。最後まで美味しくいただきました。

果物を味わうパフェで元気をもらいました。シーズン中にまたこよ~っと。ごちそうさまでした。
[PR]
by love2dax | 2014-05-24 07:25 | カノム(甘いもの) | Trackback | Comments(0)

トゥリアン娘

うちのおぢょうさんはドリアン好き~。

果物の王様といわれるドリアン。ドリアン(タイ語でトゥリアン)=くっさいヤツと思われる方がほとんどでしょう。最近は品種改良されて匂いが抑えられている種類もあるようですが。それでもほわ~んと香るあのかほり。

そう、うちのおぢょうさまはあのドリアンが大好きなのです。もちろん私も好き。
年に一度のタイフェスのお楽しみで買ってきました。
d0115106_11222584.jpg
「ドリアンを食べるときはベランダで」がお約束。
じっと見つめます。
d0115106_11223871.jpg
はいどうぞ。美味しい?良かったね。
私の周りの犬友さんのわんこもドリアン好きがちらほら。お宅のわんこはいかがですか~?
[PR]
by love2dax | 2014-05-23 20:12 | わんこ | Trackback | Comments(0)
タイ料理講習の前のランチは喫茶店ニットで。タイランドでと思ったけれど、あそこは開店時間が遅いし。とふと思い浮かんだのはホットケーキ!さっそく検索検索。おおっナポリタンも美味しそう♪
d0115106_1640015.jpgThe喫茶店な店構え。
すでに注文は決めてあるので、メニューを見る前に「ホットケーキとナポリタンをお願いします。」
「ホットケーキは焼き上がりに20分ほどかかりますが。」と。もちろん待ちましょう。

d0115106_16403942.jpg
銀色のプレートに盛られたナポリタン。太目の麺にたっぷり絡まったソースが食欲をそそります。ミニサラダ付。
いただきま~す。ピーマン・マッシュルーム・ベーコン、粉チーズ、コクのあるソース。美味しいなぁ。
外ではもちろん家でもナポリタンは食べないのですが、これだったら、「またここで」食べたい。
d0115106_16411933.jpg
d0115106_16412894.jpg
お待ちかねホットケーキ登場。
わ~!まるで絵本に出てくるような見た目。直径はそんなに大きくありませんが、厚くてきれいな丸型が2段。滑り落ちないようにかバターは爪楊枝で留められています(笑)

バターを下の段に塗って再度重ねて。ナイフを入れるとさっくり、中はふっかり。断面に添えられたガムシロップ(!)をたらーりと染み込ませて。
d0115106_16414664.jpgさくっとした表面ともふっとした内側。ぱくぱくっと完食。楽しく、というのも変かもしれませんが、この分厚くてまあるい、絵本に出てくるようなホットケーキはこの表現がぴったり。
ひとつはちょいとばかり多いかもしれませんが、ナポリタンとシェアしたのでちょうど良かったです。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

More
[PR]
by love2dax | 2014-05-16 16:45 | 外ご飯 (日本) | Trackback | Comments(0)
母の日の11日(日)。
ヤム ウンセンと聞くと、「タイ料理といえば」の上位に挙がってくるのでは。今回グリーンカレーやトム ヤム クンと同じ位馴染みのあるタイ料理ヤム ウンセンをタイ教育・文化センター(Thai Tec)で習ってきました。

ヤム=和える・ウンセン=春雨、の表す通り春雨のサラダです。
d0115106_16224959.jpg

食材は計量済み、下ごしらえ済み。ですが、調理においてポイントとなる部分は自分たちで行います。

まず食材やその扱い方の説明、次に実際に調理をしながらの説明を受けます。そして試食。甘み酸味と少々の辛味、きりっとした味が暑くなる時期にぴったりですねぇ。
全体がつかめたところでいざ実習スタート。
d0115106_1623471.jpg
d0115106_1624969.jpg
タレを作って~ 和えて~
d0115106_16242516.jpg
出来上がり~♪赤緑、透き通った春雨、大ぶりの海老と見た目もきれいです。
本来はおつまみやサラダ感覚で食べるのですが、今回はご飯付で。

和えだれも作り立てなので風味が良いです。
大きな海老があればいうことなしですが、他にイカやかにかまなどでも美味しく作れるそうなので出番が高くなりそう。タイ料理を習うたびにクロックが欲しくなる。現在すり鉢&すりこぎで代用しているのですが、買うべきか。

調味料はあるのですが、食材入手のハードルの高さでなかなか作れないタイ料理ですが、こうやって習うとやっぱり楽しいですね~。ありがとうございました。
[PR]
by love2dax | 2014-05-16 16:30 | 食 その他 | Trackback | Comments(0)
先週の土曜日。昼間のレッスンを終え気持ちよくひと汗をかき。さてお昼はどうしようかと。
用事で銀座方面へ出るので長生庵でものぞいてみましょ。時間は13時を回り、売り切れメニューもあるだろうな~。
タイミングよく、ちょうどひとテーブル空いていました。
d0115106_16123052.jpg
パッと目に入ったの短冊。車海老・白エビ・桜エビ・芝エビのかき揚げですって~!限定5食、はたして・・・
d0115106_16125271.jpg
d0115106_16131051.jpg
どど~んと登場。4種のエビのかき揚げ おろしそば
まずはかき揚げを塩で味見。甘さや香ばしさetcそれぞれ特徴があり、それぞれ美味しい。そばつゆはかき揚げにかからないように・・・塩で食べ、そばつゆに浸しつつと一度で2度美味しい。

お値段だけ見ると贅沢な昼食ですが、このさくっと上った4種のエビのかき揚げ。食べ物の一期一会、後悔なしです。
あ~美味しかった。ごちそうさまでした。

肴メニューもひかれたので、次は夜に日本酒と共に。
[PR]
by love2dax | 2014-05-15 21:58 | 外ご飯 (日本) | Trackback | Comments(0)
昼間の「麦酒&餃子」の誘惑をぐぐっと堪えたのは。ここのため。
ソンポーン。開店直後に電話したら「ぎりぎり立ち飲みならOK」とのことで、とりあえず一杯飲んでつまんで移動するかと予約。
行ってみたら、ちょうど先客が引き上げるところで席確保~♪
d0115106_16293418.jpg
ヤム ネーム。さっぱりしたこの和え物は暑くなってきたこの時期、ビールに合います。
d0115106_16295024.jpg
トム セープ。イサーン地方の内臓が入ったハーブスープ。ごろりんと入った内臓とタクライ(レモングラス)とバイマックルー。すっきり辛いこのスープはこれからの時期に良いかも。
人様が食べているものが美味しそうに・・・ユキちゃんが隣のお客さんに「軟骨のヤムあるよ~」と勧めているのを聞いて、こっちにもぷり~ず。
d0115106_1630136.jpg
ヤム 軟骨。こりっこりの軟骨(ひざ軟骨)の歯ごたえが良い。コクもあるけど酸味もある、箸がススム美味しいヤムです。
d0115106_16301218.jpg
〆はパッ ウンセン サイ カイ。玉子・きくらげ・野菜に海老、と美味し~のを吸った春雨がやさしい味わい。
ちょっとお疲れ気味のママさ、この日は早めの店じまい。ごちそうさま、いつもありがとう。体大切にしてね。

※日記のメニューはいつもあるとは限りませんので、食べてみたいな、と思った方は予約時に電話で問い合わせてみてくださいませ。でもそれがなくても、その時ある食材で美味しいタイ料理が食べられます♪
[PR]
by love2dax | 2014-05-08 21:16 | 外ご飯(タイ料理) | Trackback | Comments(0)
天気予報の最高気温は21℃。後日ニュースを見ていたら12時の時点で12℃だったそうです。そりゃ肌寒いわ。
「食べ」で始まった連休。最後まで「食」でした。ダ~イエットハ アシタカラ~。
台湾料理教室。この日は鍋貼・煎餃(焼き餃子)です。教室で粉を扱って4回目、さすがに皮作りも手馴れてきました。
d0115106_16143335.jpg
d0115106_16144220.jpg
まずはお茶請けをいただきつつ、台湾話。出来立て湯圓の中はピーナッツあん。来たそうそうまったりモードに(笑)これも習いたい。
さあ、レッスンスタート。
d0115106_16102092.jpg
まずは鍋貼から。へ~両端が開いているのですね。

お次は煎餃。皮はいいのよ、皮は、ね。成形がぶっちゃいくになりました。市販の皮ならきれいに包めるのですが、難しや。
先生と手馴れた生徒さんのはかわいくぽちゃっとした形です。これを目指すべく、即復習しなくちゃ。

味見。煎餃は噛むとじゅわっと肉汁が。お肉と野菜は同量で、さっぱりしつつも肉の存在感もあり。水餃子の皮の方がむっちりですねぇ。

続いて鍋貼餃子。皮にラードが入っているので底がパリッと。こちらの方がやさしい味に感じます。
どちらも下味しっかりなので、そのままか酢をちょっとつけて。手作り餃子万歳♪
d0115106_16145873.jpg
そのままランチタイム。きゅうりの冷菜、ホイコーローな感じの炒め物、トマトと玉子炒めがのった手打ち麺。トマトと玉子の炒め物は好きな料理のひとつですが、これが手打ち麺とからむからむ。味付けは完熟トマトの味を生かし最低限。見た目はいたりあ~んっぽいですが、かすかに感じる醤油がアジアの料理だと。
夜もあるので、控えめに。と思っていたら美味しくってぱくぱくっと。

しっかりコツも教わって、家でも作りやすい料理を教えてくれるこの教室。次も楽しみだ~。
さて一度帰って、母に餃子を託して再度お出かけです。
[PR]
by love2dax | 2014-05-08 21:07 | 料理教室 | Trackback | Comments(0)