いつも はっぴぃ らいふ happy2dax.exblog.jp

冬姫(fuyuki)の日記。愛犬のこと、美味しいもの、日常のことをつづっていきます。


by love2dax
プロフィールを見る
画像一覧

<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

三が日が明けた次の日、「和モード 日本女性、華やぎの装い」展を見に東京ミッドタウン内にあるサントリー美術館へ。
この展覧会「描かれた和モード」「小袖の和モード」「化粧の和モード」「紙と髪飾りの和モード」などに別れ、小袖、櫛笄、化粧道具、風俗画、浮世絵などが展示されていました。そんなに広くないながらも見ごたえ十分!
いつの世も女性はおしゃれ。やっぱり着物って素敵だなぁ、と改めて着物を着たい気持ちUP↑

目を満足させた後は、お腹の方も。ずっと食べてみたかった「アメリカンなハンバーガー」を求め、同じミッドタウン内にある「ベーカーバウンス」へ。
d0115106_13241721.jpgまずは基本と思いつつもとろりんチーズにひかれチーズバーガー(モントレージャックチーズを選択)。野菜の増減ができる(無料)のでピクルスとトマト多目でよろしく!
上下がオープンな状態で出てきます。

d0115106_13272185.jpgこれに自家製ケチャップとマスタードを付けてセット完了!おお~ボリュームがありそうですね。

d0115106_13255871.jpgナイフとフォークがありますが、やはりここは手づかみでぱくっとしたいので包む紙をもらいます。
大きな口を開けていっただきま~す。口の端についたケチャップをふきふき、美味し~♪

d0115106_13263993.jpgこちらはシーフード(海老・帆立・白身魚)マリネとアボカド、クリームチーズが入ったサンドウィッチ。トーストされたライ麦パンのおかげでしつこさはあまり感じず。こちらもぐぅです。

d0115106_13274949.jpg
バーガーもサンドウィッチにもポテトとコールスローがつきます。お店の方の応対は良かったのですが、ポテトが揚げたてじゃなかったのが残念。あとセットメニューもあればうれしいなぁ。

初アメリカンなハンバーガーは楽しく&美味しかったです。次はどこへ行こうかな♪
家でも作りたいけど、ハンバーグに合ったパン作りが難しそうなのでパス(^^;
[PR]
by love2dax | 2008-01-25 13:28 | 外ご飯 (日本以外) | Trackback | Comments(0)

沖縄いろいろ

またもや沖縄。
先日頂いた沖縄食材。ナーベラー(へちま)、ゴーヤ、鬼餅(ムーチー)、中身汁。早速いただきました。
まずはナーベラーちゃんぷる(画像なし)。これを作るのは初めてなのでレシピを要チェック。スライスしたナーベラーを島豆腐(木綿でも)、豚バラと炒めて味噌で味付け。美味しいです。

d0115106_13555013.jpgゴーヤは趣向を変えてタイ風に。さっと茹でたゴーヤをツナ缶とピーナッツをレモン汁、ナンプラーなどで味付け。苦さがほとんどなく、ゴーや自体がしゃっきりしていてこれまた美味。家族はあまり好きではないので独り占め♪

d0115106_13562190.jpg
d0115106_13563975.jpg
昨日の夕食。中身汁とは豚の内臓と糸こんにゃく、しいたけをかつお出汁で煮たもの。これは作ったのを頂いたのですが、おろし生姜をたっぷり入れて。は~幸せ。しっかり下処理をしてあるので臭みはなく意外にもあっさり。
沖縄の「ふ」もあったのでふぅちゃんぷるも。牛乳で戻したふに野菜と卵を加えて炒める。ご飯が進みます。
ご飯はタイのジャスミン米。日本米でも良かったけど、なんとなく。でもこれがまた合う合う。ふぅ満足満足。

d0115106_1357257.jpgデザートは鬼餅。餅を月桃の葉に包んで蒸したもので沖縄では旧暦12月8日に食べますが、現在は市場で一年中買うことが出来ます。包みを開くと月桃の香りが。
その土地土地に昔からあるお菓子は、派手さはないけれどどこかほっとする味で大好きです♪

ごちそうさまでした。
[PR]
by love2dax | 2008-01-23 13:57 | 家ご飯 | Trackback | Comments(0)

2種の塩ちんすこう

最近よく目にする「塩スウィーツ」。甘さを引き立たせてくれるお塩→スイカに塩と同じ原理?
でも昔あんこや甘いお豆さんを作るときには、ほんのちょっぴりのお塩が入るし、ホットケーキにはバターとメイプルシロップ。そう考えると昔からあったのですね。

その波は沖縄銘菓ちんすこうにまで。
石垣島の塩 VS 宮古島の雪塩  !!!
d0115106_16291894.jpg
d0115106_16293393.jpg
石垣島:少し茶色がかった生地。しっかりめのざっくりした食感。甘さの後に塩の味が。
雪塩:白っぽい生地。さっくりと軽めの食感。甘さと同時にふんわりした塩の味わいが。

全く違う2タイプの塩ちんすこう。食べ比べてみると面白いかも♪
どちらが好みかって!?両方です! なので食べるときは両方を開けて、1つづつ食べます(笑)
[PR]
by love2dax | 2008-01-21 16:29 | カノム(甘いもの) | Trackback | Comments(0)

魅惑のサヴァラン

お友達の素敵なサヴァランに触発されてのサヴァラン編(というほどのものでもないけど)。

母の大好きなサヴァラン。
簡単に説明すると。ババはイーストを使った発酵生地をレーズンを加えてコルク型に焼き、たっぷりと洋酒に浸したフランスお菓子。サヴァランはレーズンを加えないババの生地を中央の空いたバケツ型に焼き、これまたたっぷりと洋酒に浸し、中央に生クリームやフルーツを乗せたフランス菓子。現在はあまり区別がないような気がします。

私も洋酒をたっぷり使ったお菓子は大好きなので、見かけるとつい買ってしまいます。採点基準は「ケーキの容器にたぷたぷになるくらい洋酒を使っていること」。
普段お酒は飲めないのにねぇ(笑)
d0115106_14122484.jpg
d0115106_1412441.jpg
d0115106_14125868.jpg
d0115106_14131367.jpg
日本最初のフランス人によるフランス菓子のお店、ルコントのポンポネット。記憶が定かではありませんが確かレーズン入り。なかなか好みでした。フラウラ(世田谷)サンルイ島(葉山)パリセヴェイユ(自由が丘)のは洋酒たっぷりでお気に入り♪
d0115106_14133123.jpg
d0115106_14134648.jpg
アンヂェラス(浅草)。店名と同じチョコ・ホワイトチョコの2種のケーキが有名です。こちらでは「サバリン」という名前です。ジャン・ミエのババ。

画像はありませんが、シェ・リュイのサヴァランも美味しかった。このほかにも色々なお店のサバランを食べました。が、好みの味に出会うのはなかなか難しいもの。さてお次はどちらのお店のをいただこうかしら~。
[PR]
by love2dax | 2008-01-17 14:15 | カノム(甘いもの) | Trackback | Comments(2)

新江ノ島水族館

たまりにたまった過去日記。まずは新年から。

d0115106_10452317.jpg新年早々水族館へ。動物園&水族館は母と私の大好きな場所です。少し前にリニューアルした新江ノ島水族館へ行ってきました。
入り口で「のし付うつぼ」を持って はいチーズ(笑) 持参のカメラでも撮ってくれるのですが、この先で1000円で売っています。ずいぶんぼったくり強気な値段ではないかと・・・

d0115106_1046023.jpg「暖かい海」コーナーの隠れクマノミの水槽にいる巨大うつぼ。なんと体長1mもあるそう。

d0115106_1047879.jpg
d0115106_10472125.jpg
d0115106_10474168.jpg「食卓の魚」なんてコーナーも。趣旨を要約すると 魚介類には健康を維持するための有用な栄養素を持つものが多く、日本人は昔からそれを利用してきました。水族館の魚にはどんな栄養や滋養があるのかなぁ~。この他「カルシウム」などの水槽が。

この他「カルシウム」など。水族館で堂々と「おいしそ~」と言うのは憚れますが、このコーナーの前ならありかと。

d0115106_10485932.jpgある昼下がりの優雅なマダム。

d0115106_10492361.jpgかい~の かい~の と間寛平ばりにかゆがっていました。出来ることならかいてあげるんだけどねぇ。

d0115106_10494727.jpg
d0115106_1050332.jpg
ペンギン。一羽好奇心旺盛な子がいて、水槽の角っこで遊んでくれーと自己アピール。ペンギンと猿山。どちらも長時間見ていても飽きません。

d0115106_10503824.jpgショー会場の横にある、待機用?の水槽。ここでもはいチーズ。


d0115106_1051694.jpgこの日は快晴で富士山もきれいに。

さてさて、江ノ島まで来てただでかえるわけがありません・・・が正月にやっているお店となると。そこはしっかりした調べ済み。続きは次回の講釈にて(笑)

新江ノ島水族館
[PR]
by love2dax | 2008-01-16 10:52 | おでかけ | Trackback | Comments(0)
先日manma会のイベントに参加してきました。
manma会とはMeeting At Nakano Means Ascending の略。安全な旬の食材を楽しむことから生まれる喜びと、さまざまなバックグラウンドを持った人々と出会うことで得られる広がりとが、新たな創造のきっかけになれば・・・というコンセプトだそう。
毎回テーマが変わりますが、今回はタイ料理と日本料理のコラボ』!!
タイ料理担当は長澤恵先生、日本料理担当は加島正幸さん。

d0115106_15231036.jpgまずは前菜のプレート。旬野菜の生春巻はいろんな野菜を一口でぱくりと。カイルクイ(玉子)。むっちりした皮の肉団子の蒸し物。ココナッツの風味が良いココナッツ餡の栗きんとんは、お茶請けにもぴったり。

d0115106_15234374.jpg大根&人参よりしっかりした食感の二色なます風ソムタム聖護院大根の千枚漬。千枚漬大好きです。

d0115106_15243769.jpg
d0115106_1525427.jpg
ピリ辛お味噌がかかった風呂吹き大根。京人参や九条葱などの京野菜のタイサラダは九条葱がこのサラダにぴったり!しゃきしゃき野菜とトッピングされたごぼうチップにタイ風ドレッシング。野菜がたくさん食べられるお気に入りの一品。
d0115106_15254587.jpg
d0115106_1526748.jpg
ナンプラーの野菜寿司&漁醤の寿司
d0115106_15263632.jpg
d0115106_15265674.jpg
スープの香りが高い、寒ブリのトムヤムしゃぶしゃぶ。このスープでしゃぶしゃぶした水菜と春菊が美味しい。最後はお出汁の出たスープに素麺を入れて。
お料理は目の前のカウンターで作られているので、調理する様子が見られました。
d0115106_15283038.jpg
d0115106_15345935.jpg
お豆腐と里芋が入った豆乳グリーンカレー。里芋のねっとり感がカレーに良く合います。一番気になっていた白味噌ココナッツミルク雑煮は白味噌のコクがココナッツミルクとぴったり。なんだかほっとするお雑煮です。
d0115106_15352655.jpg
d0115106_153543100.jpg
ちょっぴり甘くてほっくりと煮た海老芋のタイシロップ煮、むっちり衣をまとった、しゃきしゃきのくわいのぜんざい。里芋、海老芋、くわい。和食でよくお目にかかる食材でもあり、私の大好きな食材。これらがタイ風でも和風でも美味しく食べられるのはうれしい♪

食材の相性、調味料の使い方、そしてそれらの組み合わせ。いろいろな発見があったイベントでした。
もちろん、美味しくて食べ過ぎちゃったのは言わずもがな(笑)
ごちそうさまでした(^人^)
[PR]
by love2dax | 2008-01-15 15:40 | イベント | Trackback | Comments(0)