いつも はっぴぃ らいふ happy2dax.exblog.jp

冬姫(fuyuki)の日記。愛犬のこと、美味しいもの、日常のことをつづっていきます。


by love2dax
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:外ご飯 (日本以外)( 151 )

d0115106_15295143.jpg銀座で南インド料理を食べよ~♪とアーンドラダイニングへ行ってきました。こちらは御徒町のアーンドラキッチンの2号店。

d0115106_1530502.jpg
ミニ・マサラドーサ
d0115106_1532699.jpg中にはスパイスで味を付けたじゃが芋が。
ミニでもかなり食べ応えがあります。ココナッツチャトニとパパドは残しておきましょ。

d0115106_15334677.jpgタンドゥーリチキン。スパイスが染み込んだチキンが美味しい。

d0115106_15341316.jpgシークカバブ。チキンと共に辛いチャツネ(ミント・コリアンダー・唐辛子)をつけて。このチャツネのじんわりとした辛さで食が進みます。

d0115106_15343218.jpg
d0115106_15344421.jpg
ゴビー・マンチュリアは衣を付けて揚げたゴビ(カリフラワー)の食感が面白い。季節のサラダで小休止。
d0115106_1535159.jpg
熱々、チーズとろりんのチーズクルチャ。美味しくないわけがない。個人的にはチャパティの生地(全粒粉)で作ったのが食べたい。
d0115106_15352996.jpg
ミールス(チキンカレー、マトンカレー、エビカレー、野菜カレー、サンバル、ラッサム、ライス、チャパティ)。
・・・手食よろしいでしょうか。幸い人も少なかったのでお手手でGO!以前大森のケララの風Ⅱで初ミールス&初手食をしたときからハマって(?)しまいました。スプーンより、手で食べる方がなんとなく味が馴染んで美味しい気がするのです。ただひとつ問題が。水分が多いと食べ辛いので、カレー少な目&ご飯多め→ご飯お代わり→食べ過ぎてしまう(笑)
そうそう、ここで最初に出たココナッツチャトニとパパド登場。パパドは細かく砕いてまぜまぜ。
ふぅ~お腹いっぱい。美味しかった~♪
d0115106_15362063.jpg
デザートはパヤサムとレモンシャーベットをシェア。パヤサムはヴァミセリ(極細パスタ)をナッツなどと一緒にミルクで煮込んだもの。
d0115106_15363852.jpg最後はチャイで。ごちそうさまでした。
お腹いっぱい食べても胃もたれ感はなし。生姜やスパイスの効果かな。
お値段が御徒町に比べると少々・・・なのは仕方ないですが(それでも高いというほどではないです)、銀座で美味しい南インド料理を食べられるのはうれしいなぁ。
[PR]
by love2dax | 2012-06-22 21:00 | 外ご飯 (日本以外) | Trackback | Comments(2)

蒲田餃子@歓迎

d0115106_1571975.jpg先日蒲田へ行ったついで・・・じゃなくて、餃子が食べたかったから蒲田へ付いて行ったのが正解。
前回は金春でしたが、今回は歓迎へ。何故かと言うと歓迎は土曜日が餃子割引デーだから。

d0115106_1575932.jpg
d0115106_1583164.jpg
焼き餃子。素敵なお尻の焼き餃子は耳(ひだ)が大きめ。皮は金春の方がむちっ度が少々高いかな。あんの味はやっぱり甘めなので、酢&辣油で食べるのがお勧めです。土曜価格250円って素敵過ぎだ~。
あ~美味し~♪
d0115106_159540.jpg
三鮮水餃子。焼きよりもちっとした皮。こちらはちょい醤油+酢+辣油でパクリ。
d0115106_1592113.jpg
お粥と迷って海老焼売。余ったら持ち帰れるし(持ち帰りました)。中に海老が入っているのかと思ったら上に乗ってるだけ(笑)残念。
美味しかった。満足満足。

日記を書いていたら餃子が食べたくなりました。毎日食べても良い餃子とカレー。粉を切らしていて最近ご無沙汰な餃子作り。早く粉を買ってこなきゃ。
[PR]
by love2dax | 2012-06-13 12:00 | 外ご飯 (日本以外) | Trackback | Comments(0)

山東の餃子@中華街

d0115106_10452352.jpg大盛況のルピシアのイベントを後にして、中華街へ戻ります。お腹はお茶でたぷたぷですが、お腹が空いていないわけじゃない、というよく分からない状態(笑)

風がさらに強まり、帽子が吹き飛ばされてきたり、突風にあおられ転ぶ人も。そんな天候のせいか、春休み&週末だというのに空いている中華街でした。それはそれでラッキーかな!?

d0115106_10454514.jpg餃子の有名な店、というか秘伝のタレで食す餃子が有名なお店山東。餃子ラバーとしては一度行ってみたいと思いつつも機会がなく、ようやく訪問。

席数の割には広い厨房、傾いたテーブル・・・店内!?
他のメニューには目もくれず、焼餃子と水餃子を注文。
テーブルの上にある餃子のタレを用意し待ちます。サーチャージャンをベースに、ココナッツが入った秘伝のタレは、これだけ味わうと遠くの方でじんわりとした辛さが。餃子につけると辛さは感じない程度です。

d0115106_1046283.jpg
ぷっくりした皮の白さと薄い焼色・・・写真はさっくり済ませて。いただきま~す!
じんわりにじみ出るスープ。下味はついていますが、少々甘めなので、先ほどのタレをつけるとバランスがとれる・・・のですが、普通に黒酢&辣油で食べたい(笑)底がカリッと香ばしく好みの皮~♪
d0115106_10465470.jpg
d0115106_1047463.jpg
みるからにもちもちぷっくりな皮の水餃子。ぽいっと一口にほおばりましょう。ニラとお肉のシンプルイズベストな水餃子。

両方とも一皿ずついけるけど、今日はこの辺で(ってどの辺だ)。
あ~美味しかった。ごちそうさまでした。
この後ほかほか肉まんを食べ歩きしたかったのですが、強風のため、というか好みのお店を見つけるのが難しく断念。それは次回のお楽しみということで。

+++
お土産。
d0115106_10492956.jpg
d0115106_10494047.jpg
ひき肉などが入ったパイ包み、馬拉糕(マーラーカオ、マーライコー)、胡麻団子、ココナッツのお餅。馬拉糕は卵の風味とほんのりした甘さが優しい味。
胡麻団子はカスタードあん。ココナッツのお餅もカスタードでしたが、こちらはあんにもココナッツ入り。
[PR]
by love2dax | 2012-04-09 10:43 | 外ご飯 (日本以外) | Trackback(1) | Comments(0)
風の強かった先週の土曜日、ルピシアのティーイベントへ行ってきました。紅茶、日本茶etc。フレーバー物やノンカフェインの物など試飲し放題の面白いイベント。あれだけ飲み比べると自分の好みが分かってきて楽しい。しかし、終わる頃にはお茶っ腹でたぽんたぽん(笑)
d0115106_1555411.jpg
d0115106_15555264.jpg
会場はパシフィコ横浜。せっかくだからと寄り道。入場できるのが12:30~の回だったので謝甜記でお粥と焼き餃子で早めのお昼を。
むか~し行ったのは1号店、ですが今回は2号店へ。何故かって?クーポンでお茶をもらえるから(笑)
まだ早い時間でしたがほぼ満席。お隣のテーブルには海老チリやら揚げ物やらがど~んと並んでいました。もちろんお粥は1人1杯。その反対隣には点心、そしてビールから始まり紹興酒が。皆さん朝からすごいです。
d0115106_15564394.jpg
d0115106_15565432.jpg
d0115106_1557468.jpg
五目粥は烏賊・海老・野菜入り・・・といっても海老は1匹だけ(笑)ラーメン丼サイズを半分こしました。
蒸しでも水でもなく焼き餃子。薄皮の大きめサイズの餃子あんは少々甘めの味付け。

お店を出る頃には、か、風が~~~。
d0115106_15573922.jpg
時間に余裕があったので、ふらふらお散歩。紅棉杏仁豆腐とエッグタルト。とろりん杏仁の上には柚子風味のジュレ。これが杏仁とぴったり合って美味し~♪エッグタルトはまだほんわり温かく、気をつけて口に運ばないとほろりと崩れます。ぷる~んとしたフィリングは優しい味。
お土産にいくつかお菓子を買ったら次のお店へ。
d0115106_1613188.jpg
d0115106_1614195.jpg
並びにある点心屋さんでココナッツ団子などを購入。
d0115106_1558666.jpg最後に金陵で焼豚を買うのがお約束の道順。今回は普通の焼豚と皮付きのものを。いつの日かここの全種盛りを食べてみたい・・・
以前は店先に腸詰や焼豚をぶら下げたところを見かけたものですが、最近は金陵、同發くらいになってしまったような・・・

そろそろ会場へ向かいましょう。
[PR]
by love2dax | 2012-04-07 09:00 | 外ご飯 (日本以外) | Trackback | Comments(2)

ヴァンフック再訪@大山

板橋は大山にあるベトナム料理ヴァンフック。残念ながら3月20日に閉店という悲しいお知らせ。だから、というわけではないですが。前回訪問して美味しかったのでまた行ってきました。
d0115106_9291289.jpg
サクサクの揚げ春巻はできたて熱々をいただきましょ~♪
d0115106_9292535.jpg
d0115106_9293123.jpg
ベトナム料理のバインクオンと中華料理の腸粉。どちらも米粉を使ったクレープのようなもの。米粉ではないけれど、タイ料理のサークーサイムー(甘く味付けした豚肉をタピオカで包んだ蒸し団子)といったもちもちした料理やお菓子が大好きです。甘酢タレでいただきます。
d0115106_9351224.jpg
外せないのは豚もつサラダ。さっぱりと甘いタレで食欲増進。
d0115106_9353033.jpg
d0115106_9301044.jpg
もつもう一品、豚もつ炒め。言わずもがな。
d0115106_9305792.jpg
鶏の照り焼きライス、というのでしょうか。こってり甘めのタレだけでご飯がいけます。
d0115106_9311185.jpg
フォー ボー(牛肉のフォー)はこれまたふんわりと優しい味わいのスープ。レモンを絞ると味がひきしまります。ちゅるちゅるどんどん胃に入る。
d0115106_9312538.jpg
緑豆団子のぜんざい。ココナッツミルクに入っているのは、緑豆あんが入ったもちもち団子。ほの甘さがほっとするデザートです。
ベトナム料理レストランと言うと、おしゃれでちょっぴりお高めで・・・というイメージがありますが、ヴァンフックのような気軽に入れる定食屋的なお店が増えるといいのにな~。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

More
[PR]
by love2dax | 2012-03-09 09:36 | 外ご飯 (日本以外) | Trackback | Comments(0)
d0115106_14121158.jpg
コブトゥワと共にリピしたかったのはディドという蕎麦がきのようなもの。これがどうしても食べたくて、事前予約をしようと思ったら発音が違うのか通じず。当日空いていた時間帯だったのもあって作っていただけることに。
今回はmillet(粟、ヒエ)のディド。山間部の貧しい農村地帯で食べられていて、夏のディドはトウモロコシだそう。
d0115106_14123612.jpg
一緒に頂くのは、ダルカレー。煮崩れた豆が良い感じです。
d0115106_1412481.jpg
トマトのアチャール
d0115106_1413084.jpg
ククラクシカはチキンのカレー。

右手でディドとおかずをうまい具合にまとめて口の中へぽいっ。あ~美味しい♪
d0115106_14131557.jpg
締めはマトンビリヤニ。これまた美味しくて満足満足。
d0115106_1413396.jpg
ピンクの方たちが狙っているデザートは。
d0115106_1414871.jpg
d0115106_14141655.jpg
クルフィーとサフラン風味のヨーグルト

どの料理もスパイスは感じるけど、インド料理のような辛さはなく優しい味、というのが印象。もしかすると地方や作り手によっても違うのかもしれませんが、物足りなさはなくとても美味しかったです。

※中にはメニュー外のものもあります。確実に食べたい方は電話で聞いてみてください。ただその際うまく伝わらない場合もあるのでご了承を(笑)
[PR]
by love2dax | 2012-03-03 09:05 | 外ご飯 (日本以外) | Trackback | Comments(0)
ネパールはカトマンドゥ出身のオーナー、ウラミラさんの家庭料理が食べられるお店サンサール前回訪問して美味しかったので再訪してきました。
料理を事前注文しようと思ったのですが、電話でうまく伝わらず、当日相談して、できるものをお願いしました。
d0115106_1443526.jpg
モイ(乳清)で乾杯。この酸味が口の中をさっぱりさせます。
d0115106_145032.jpg
d0115106_145107.jpg
まずはアチャール、大根とグンデュルクという干した葉の2種類。
d0115106_1452334.jpg
ウォーは米粉で作ったネパール版お好み焼。ふんわりさっくりしています。ナイフを入れると中には半熟卵がin。
d0115106_1453441.jpg
アルコチャップはひき肉をマッシュポテトで包み揚げたもの。
d0115106_1454718.jpg
グサウテ・ラ・カレズコブトゥワ。砂肝とレバーの炒め物。コブトゥワ=炒め物。前回も頂きましたが大好きな一品。
d0115106_14602.jpg
d0115106_146736.jpg
チャタモリはネパール版薄焼きピザ。こちらは米粉で作られています。上には鶏ひき肉と卵が乗っています。生地の端っこのカリッサクッ、とろりん卵の組み合わせが良いです。
d0115106_146212.jpg
じゃが芋といんげんの炒め物

宴はまだまだ続きます。
[PR]
by love2dax | 2012-03-03 09:00 | 外ご飯 (日本以外) | Trackback | Comments(0)
南インドのティフィンの中でも大好きなワダをテイクアウトで。
夕飯にいただきました。温めたトースターにホイルで包んだワダを入れて。
d0115106_14492271.jpg

時間がたっているのにオイリーさがなくとても美味しかったです。2つで300円と言うお値段も素敵。
周りはさっくり、中はふんわりと美味しい豆の粉のドーナツ。思い出したら食べたくなってきました。
[PR]
by love2dax | 2012-02-29 09:00 | 外ご飯 (日本以外) | Trackback | Comments(0)
記事が前後してしまいましたが。ケララの風Ⅱはランチのみ営業でランチ・ミールス(1,000円)かティフィン(軽食300円)がいただけます。
ミールスはなんとお代わり自由。これにコーヒーかチャイがセットに。
d0115106_1440368.jpg
この日のミールス。左上から時計回りに、赤カブのパチャディ(マスタードが効いた赤カブのヨーグルト和え)、キャベツのトーレン(キャベツとココナッツの炒め物)、かぼちゃのエリセリ(かぼちゃと豆の煮物)、ラッサム(南インドを代表するスープ状のおかず)、カード(ヨーグルト。食事の〆、アチャールなど塩分の多いおかずと共にご飯にまぜて食べる)、サンバル(南インドを代表する野菜のスパイシーな豆汁)。
d0115106_14405112.jpg
丸いお煎餅のようなもの(パパダム)の下にはダール(豆カレー)がかかったインディカ米が。
パパダムの左にアチャール(辛くて塩気の多いインド版の漬物)、ココナッツ・チャトニー(ペースト状にしたココナッツのおかず)があります。
d0115106_144154.jpgちょうど空いている時だったので、手で食べるコツを教わりました。最初はぎこちなかったのですが、食べているうちに慣れてきて楽しかったです(笑)スプーンで食べるのと違って、ご飯とおかずが良くなじむ気が。汁気でご飯がしゃばしゃばになったら、パパダムを手でぐしゃっと握るようにして粉砕し(笑)混ぜ込むと、汁気を吸うのはもちろんコクも出ます。

どれもスパイスは感じるけど、野菜たっぷりで優しい味。美味しくてどんどん手が伸びて食べ過ぎました~。でも胃にもたれる感じは全くなかったです。
ごちそうさまでした。
[PR]
by love2dax | 2012-02-28 14:43 | 外ご飯 (日本以外) | Trackback(1) | Comments(0)
ひっさびさ~の更新です。何だか寒さのせいか(他にもありますが)やる気がおきず。ですが春ももうすぐ。頑張っていきましょ~。

+++
大森にあるケララの風Ⅱは南インド・ケララ州の料理を味わえるお店。先日そちらでフレッシュココナッツを使った料理を楽しんできました。
d0115106_1483271.jpg
テーブルの上にはココナッツ、軍手、ピーラーやとんかちなどが。中華街などで見られるストローをさして売っているのはヤングココナッツですが、今回料理に使うのはオールド(熟した)ココナッツ。
d0115106_149776.jpg
料理を楽しむだけかと思いきや、ココナッツ解体から調理まで見せていただけました。
最初にジュースを取り出したら、とんかちでがっつんごっつん大まかに叩き割ります。栗の皮をむく道具で表皮をむいたら、お次はピーラー、包丁で薄皮?をむきます。細切りにして煮沸させたら下準備OK。煮沸しすぎると旨味や油分が少なくなるので要注意。果肉を味見してみましょ。噛み締めていると・・・おお~、製菓でよく使うココナッツファインの味(当たり前だ)。じんわりと甘味と油分が口に広がります。
料理にはこれをミキサーにかけたものを使用。
d0115106_14114240.jpg
左上から時計回りにさつま芋のクートゥ、アビヤル、キャベツのトーレン。クートゥとは「合わせる」と言う意味で、さつま芋を煮た料理。写真では分かり辛いですが、ミキサーにかけられたカレーリーフで薄い緑がきれいなアビヤルは、ヨーグルトが入った野菜のカレー。野菜とスパイスを炒めたトーレンは北インドではサブジ、南インドのタミルではポリヤルと呼び方が変わるそう。キャベツ単体料理(千切りや蒸したもの)は元々好きですが、このトーレンもどんぶりいっぱいいけるくらい好み。

美味しいものを食べるのは、もちろん大好き!・・・ですが作るのも好き。同じとはいかないまでも外で食べたものをおうちでも作れたら。と思うのですが、自国の料理と違って、食材の切り方、スパイスの使い方が本だけだといまいちわからず。今回は調理する所を見せていただいたので、とても勉強になりました。
d0115106_1411748.jpg
盛り付け。先ほどからスパイスの香りにお腹が反応しっぱなし。食べる準備万端!
d0115106_14115585.jpg
フレッシュココナッツジュースで乾杯。
d0115106_14134611.jpg
手前から、ニンニク・タマリンド・トマトなどが入った酸味のあるスープのラッサム、豆煮スープ(?)のサンバル、豆カレーのダル

これらをご飯にかけて、よく混ぜ合わせていただきます。1種類だけでなく、2~3種あるいは全部混ぜ合わせることにより美味しさアップ♪もちろんスプーンでも良いのですが、一度は手で食べてみるのもお勧め。味が良くなじむ気がします。こちらは手食のために洗面台が店内にあるのです。
前回来たときに食べ方のコツを教わったら、「あら意外と簡単」と今回もトライ。

ご飯もお料理もお代わりしてお腹いっぱい。ですが野菜がたっぷり(魚・肉はなし)&スパイスのせいか胃もたれ感はないです。
最近「南」インドレストランが増えていますが、同じ南でも州によって味が違うので、食べ比べてみるのも面白いかもしれませんね。
あ~美味しかった♪ごちそうさまでした。

追記:シェフによると、「週末は混んでるけど12~13時が空いてる」。普通は一番混む時間帯ですが、逆にその時間を外してくるので空いているそう(笑)
[PR]
by love2dax | 2012-02-28 14:15 | 外ご飯 (日本以外) | Trackback | Comments(0)