いつも はっぴぃ らいふ happy2dax.exblog.jp

冬姫(fuyuki)の日記。愛犬のこと、美味しいもの、日常のことをつづっていきます。


by love2dax
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:私筆嘘(マイペンライパーティ)( 3 )

新年会@私筆嘘

新年会@私筆嘘(まいぺんらいぱーてぃ)です。
d0115106_14575153.jpg
d0115106_1458026.jpg
自慢の腕をふるう方々。
d0115106_14591038.jpg
d0115106_14591948.jpg
さしが麗しいA5ランクのお肉が、じゅ~じゅ~と素敵な香りをふりまいております。こちらはテーブルに乗ることなく、焼けたらお口へ直行便。
d0115106_14593497.jpg
さあパーティスタート!
柚子釜の中はシーフードを柚子とコチュジャンなどで和えたもの。右側は京雑煮で、手鞠麩も入った白味噌仕立て。これだけ見たら日本のお正月(笑)
d0115106_14594832.jpg
ビストロチームは鮭と蟹のチーズムース、豆豆サラダ、ブルーチーズタルト
d0115106_14595881.jpg
居酒屋チームは角煮、手羽先、レバーの燻製、サイウア。プレミアムモルツ黒をぐびりといってください。
d0115106_150976.jpg
おやぢ組みのホヤ、ホクホク赤目芋。お酒は人肌ですな。
d0115106_1502098.jpg
ベトナム料理。鯵を蒸してヌクマムベースのタレにつけて。牛肉の炒め物。
d0115106_152710.jpg
d0115106_1521620.jpg
レバーの燻製とチーズムースをダブルで。いや~ん美味しい♪
d0115106_1503528.jpg
タイ料理のカオルアンガイはターメリックおこわでいただく鶏カレー。北部の料理で辛さがどかんときます。
d0115106_1573685.jpg
別薔薇チーム。トスカーナの郷土菓子カントッチョ、タピオカのココナッツ汁粉、真っ赤な箱入り娘(苺)、ナッツを乗せた煮りんご クリームソース。手前のパンに乗っているのは、トマトと甘酒(!)のペースト

画像を取り忘れましたが、ミャンマーのチェッターヒンも。レモングラスやターメリックが入る鶏カレーはだ~いすきな料理。

今回持参したのはブルーチーズタルトと煮りんご。タルトのフィリングはゴルゴンゾーラ、クリームチーズ、生クリームなどを混ぜたもの。蜂蜜をたらすのもお勧め。りんごは砂糖をちょ~っとだけ加えて煮てから、ナッツのクランブルを乗せてオーブンへ。ソースはカスタードと生クリーム、たっぷりラム酒をまぜて。
d0115106_156541.jpg
あ~楽しかった♪みなさま今年もよろしくお願いします。
[PR]
by love2dax | 2011-01-12 15:07 | 私筆嘘(マイペンライパーティ) | Trackback | Comments(2)
d0115106_1543056.jpg昨日、まいぺんらいぱーてぃ第二弾「上海蟹を食べよう会」で初上海蟹(姿蒸し)体験をしてきました。
(第一弾は → こちら

所用で浅草へ。押上へ向かう途中でおのぼりさん撮影。どど~んとそびえたつスカイツリー(建設中)。Eメールを送っていて思ったのですが、出来上がる頃にはスカイツリーの絵文字が増えているのでしょうか(今回は東京タワー?の絵文字使用)。

d0115106_15433464.jpg
到着。でっきるかな~ でっきるかな~ な~にができるかな~。
d0115106_15571347.jpg
d0115106_15444965.jpg「さあ準備は出来ててよ。早くお食べなさい。」とばかりに本日の主役である紹興酒で蒸されたカニさんがお出迎え。手前から雌、雄です。卵が美味しいメスと、ねっとりしたオスの味噌。どちらも美味しいですが、雄の方が好み♪手と口の周りが大変なことになりながら食べるこの姿・・・殿方にはお見せできませんわ~(嘘)

テーブルの上には素敵な手料理やこれぞという品々が並びました。が、今回は食べに徹して料理名はメモしておりませんのであしからず。
d0115106_15451696.jpg
焼売、ピクルス、塩漬け豚、インドの唐辛子を使ったモツ煮、ベトナムのもっちりしたお焼き(?)は緑豆餡となますをレタスで包んで。
d0115106_15455744.jpg
ミャンマーの納豆(トーナウ)を使ったパーコートーナウ、タイからはクンチェーナンプラー&野菜のペースト(ナンプリック)&ゲーン リアン(画像なし)、ベトナムの海老炒め
d0115106_15461666.jpg
d0115106_15462938.jpg
中国福建省の岩海苔を使ったお焼き。片栗粉を使った皮がもっちり~♪

月並みですが、どれもこれも美味しい!ボリュームたっぷり&がっつりの前回に比べ、みなさん今回は「上海蟹」というテーマに合わせたようで、お酒が進むくんメニュー。紹興酒はもちろん、ワイン、ビール、日本酒、焼酎が目の前を行きかいます。
d0115106_15464841.jpg
d0115106_1547037.jpg
べっ甲色した半熟の黄身が素敵なヌクマム卵には焼豚をお~ん。

d0115106_15471929.jpg
d0115106_15553790.jpg
粉物ラブ。くるくる花巻登場。あのタレやこのタレをつけて。あ、そーだ。半熟黄身と焼豚も。
d0115106_1556205.jpg
一番の相棒の麻婆豆腐はぷる~んとした豆腐がポイントです。ほの甘い花巻が痺れる辛さとベストマッチ。
d0115106_15491483.jpgせっせと食べている間、蟹の足から身を取り出す作業が行われていました。努力の結晶の結果が蟹炒飯!ぱらりとしているのでするする入ってしまいます。

d0115106_1550182.jpgサンバルもかけちゃえ。

d0115106_15502377.jpgそろそろ落ち着いて(?)。ドラゴンフルーツ、スイートポテト(画像がな~い)。私が持参したのはフルーツクラフティ風

今回も楽しいおしゃべり&美味しい食事で元気をもらいました。
参加されたみなさまごちそうさまでした&ありがとうございます。

More
[PR]
by love2dax | 2010-11-15 15:14 | 私筆嘘(マイペンライパーティ) | Trackback | Comments(0)

マイペンライ パーティ

メインは楽しい時間、おつまみに美味しい料理。参加者がめいめい美味しい料理&お酒を持ち寄っての素敵なパーティ。なにせ集まったのは11名の食いしん坊さんたち。さすがみなさんの持ち寄ったものは美味しいものばかりです!
d0115106_16492639.jpg
来た順に調理開始。炒め物揚げ物はお客さんの顔を見てから。
男の料理教室の基本は飲みながら。
このあとはみんなワインやら泡やら飲みながらの調理でここで大半のお酒が消えたかと。
d0115106_1656428.jpgさ~用意が出来ました。かんぱ~い♪

d0115106_164941100.jpg
左上から時計回りに。ゲーン フアプリー(バナナの花のスープ@タイ)は苦味とコクのあるスープ。ご飯がエンドレスで進むくん。三杯鶏(サンベイジー@台湾)の三杯は胡麻油・酒・醤油。こちらは他にもうひとつ入っているので四杯鶏!?にんにくの香、濃い目の味付け・・・ご飯丼でください。食感が良い豚タンマリネと飲兵衛さんのお友達豚ガツ。ベトナムトリオはふんわり豚ハムヌクマム風味の鶏手羽揚げ、箸休めにぴったりの北部浅漬け
d0115106_16495966.jpg
南インド勢です。手前は両方ともキャベツのトーレン(キャベツのスパイスココナッツ炒め)。作り手も変わると味も多少変わってきます。どちらもキャベツの甘さが美味しいです。クトゥ(野菜のココナッツカレー)は優しい味。写真がありませんが、ラッサムも。このラッサムが辛いのにまろやかなお味。秘密は桃ジュースだそう(!)これらをま~ぜまぜしてチャパティでいただきます。
d0115106_16502299.jpg柔らかジューシィトリハム、肉~な感じの鶏のマリネオーブン焼き。バゲットにはさんで食べたい。

d0115106_1650385.jpg
d0115106_16505467.jpg
カニカニ カニさ~ん・・・プーパッポンカリーの出来上がり。しゃきしゃきのセロリがポイント。
d0115106_16512831.jpg魅惑の臭いヤツクサヤ(笑)しっかり漬けて干したのと、半生干しの2種・・・だけと思いきや。うつぼのクサヤもあったり。うつぼはもっちりした食感でした。ほぐして炒飯にしてもうまかろう。この後最初に写真にあったなれ寿司も登場。まったりとチーズのようなお味で美味しかった。初鮒寿司です。


d0115106_16521927.jpgうっかり撮り忘れましたが、美味しいワインもたくさん。フルーツも。

別薔薇タイム。お米を牛乳と砂糖で炊いたお粥のようなキール。優しい甘さです。

d0115106_1653519.jpg
d0115106_16532056.jpg
私が持参したのは梅ジャムのチーズタルト、マドレーヌ。梅ジャムは梅酢を作った後の梅をジャムに加工したもの。おつまみにチェダーチーズ&ペッパークッキー

どれもこれも ぜ~んぶ美味しくいただきました。もちろん残ったものはお持ち帰りしましたよ♪
参加されたみなさま楽しい時間をありがとうございました。そしてごちそうさまでした。
[PR]
by love2dax | 2010-10-12 16:39 | 私筆嘘(マイペンライパーティ) | Trackback | Comments(2)